2005/12/19 研修手記

 11月23日

夜、関空近くのホテルに泊まるために出発

乗り換えで迷ってうろうろ(^_^;) 
道を聞いた若い女性が、後で追っかけて来てくれて
「ごめんなさい、こちらの方法の方が安く行けます。」
とわざわざ教えに来てくれた。驚いた、嬉しかったです。

 11月24日
南京研修

朝8時関空に集合、上海まで飛行機、後300キロはバスで移動。
夜7時南京到着。長い一日でした。
どの車もクラクションを一杯鳴らす。急ブレーキも頻繁。
添乗員さんが、「中国で一番強いのは、人でも自転車でも車でも無く、気が強い人です。との言葉に納得。



 11月25日
南京病院

朝8時からの診察に合わせて、ホテルを7時半出発
病院では、受付の女性が、赤いタスキ掛け。患者さんを歓迎します。という意味のタスキだそう。
白衣に赤いタスキが目立っていました。
(南京中医薬病院)
研修中1
研修中2

夏先生、盧先生の診察立ち会い研修。
朝2時に家を出て来た。とか、病院前で3日間待ったなどの患者さんの話に驚きました。

午後は談先生の外来実習。説明もしながらの診察で、先生益々忙しい。感謝です。
夕飯後は、今日の症例についての検討、まとめで充実した一日でした。


 11月26日
先生方1
先生方2
先生方3
先生方4

右から院長先生(胃腸のお話)談先生(習慣性流産)
夏先生(不妊周期療法)寧先生先生(男性不妊)
午前は院長先生の胃腸についての講義と、談先生の習慣性流産の講義。
午後は夏先生の卵胞期の特徴と治療のポイントについての講義。
ワクワク興奮の一日でした。

 11月27日

午前は夏先生の講義の続き。
午後は寧先生の男性不妊の講義。

夏先生は「全国医師賞」の表彰式と重なったのにもかかわらず、
表彰式をキャンセルして講義してくださいました。感激

 11月28日

朝8時から再度、夏先生の外来研修。その後盧先生で病棟研修。
入院患者さんの症例についての説明を受けました。

盧先生は、前日入院患者の急変で、ほとんど寝ていないとの事。
休む時間も無く、講義してくださって申し訳なかったです。
午後からは、南京中医薬大学を訪問。学長の勉華先生のお話を聞きました。
大学はとてもとても広かったです。

 11月29日

帰還。充実した毎日でした。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

深谷幹子

Author:深谷幹子
愛知県刈谷市にて漢方薬局しています。
動物好き、猫を飼っています。名前はなつめちゃんです。
(o^―^o)
パンダの小物も好きです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード