2005/04/17

健康科学協会研究会に参加。
前半は、癌の話。
タバコを吸う人は吸わない人に比べて肺がんの発生率は4,5倍
これは原爆を受けた人と同じリスクだそうです。(◎o◎)コワイ!

後半はカルシウムの話。
カルシウムっていうと骨って感じだけど、体の組織が
その組織特有の働きをきちんとこなすための
スイッチという大切な働きがある。
(例えば、すい臓のβー細胞のインシュリンの分泌とか。)

だから、カルシウムが不足すると骨のカルシウムが溶けて
生体内に補給する。でも微量に調節して溶けないので、
生体内や血管にカルシウムが溢れスイッチが暴走
スイッチだらけ、機能出来なくなる。

これが高血圧、糖尿病、癌、心筋梗塞、痴呆の原因になる。
カルシウムが足りないから体に不必要なカルシウムが溢れるという
カルシウムパラドクスが起きてしまう。(×_×;)

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

深谷幹子

Author:深谷幹子
愛知県刈谷市にて漢方薬局しています。
動物好き、猫を飼っています。名前はなつめちゃんです。
(o^―^o)
パンダの小物も好きです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード