妊娠授乳中の母と子の健康とくすりについて

母乳育児には良い点が一杯あります。
でも、風邪を引いたら? 花粉症の期間は?お薬を飲む必要のある時母乳はどうしよう?って思う事あるかもしれません。

原則として、母乳育児は母と子の健康にとってかけがえのないものです。
薬はわずかに母乳に移行しますがその為に母乳を中止しなければならない事はほとんどありません。
これから何回かに分けて安心して育児が出来るようにお話させてください。

1,先ずは母乳育児の良い点について

 母乳は赤ちゃんにとって理想的な栄養で必要な栄養素が入っています。
 活きたラクトフェリンや白血球などの免疫活性物質が入っていて赤ちゃんを感染から守ります。
 (粉ミルクにもラクトフェリンは入っていますが、牛のラクトフェリンで勿論生きていません。)

 上皮成長因子やサイトカインなど様々な生活活性物質が赤ちゃんの成長や発達を助けます。

 乳房から飲むので、口腔機能や歯、顎の発達にも良い

 母乳で育てた方がIQが高いというデーターもあります。

 お母さんにとっても産後の出血の修復子宮の回復が促進されます。

 母乳育児によって卵巣がん、乳がん、子宮体がんの頻度が下がります。

 なんといっても手間がかかりません。

 次回は母乳を急に止めたらどうなるか考えてみましょう。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

深谷幹子

Author:深谷幹子
愛知県刈谷市にて漢方薬局しています。
動物好き、猫を飼っています。名前はなつめちゃんです。
(o^―^o)
パンダの小物も好きです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード